子どもの"知育""育脳" 大人の"脳トレ"はトムとジェリーにおまかせ!

 河出書房新社からトムとジェリーのパズル絵本が好評発売中!


 "まちがいさがし" や "絵さがし" などのパズルは、子どもの"知育" や "育脳" に効果があるといわれます。

 子どもが絵を見ているとき(パズルを解いているとき)は、ただ遊んでいるわけではありません。


 絵をじっくり見ることで 「集中力」を養い 、絵を見比べることで 「観察力」を身につける ことにつながります。

 

 さらに絵の中にあるものを探したり、まちがいを見つけるときには、一時的に脳に絵を 記憶するためにワーキングメモリという脳の「短期記憶力」を使う ことになり、脳が活性化します。


 パズルを解くことは子どもばかりではなく、大人が解いているときにも効果があり、脳の「前頭葉」にある"前頭前野"というエリアが活性化します

 前頭葉は「短期記憶力」に関係し、"脳の老化" が最初に起こるエリアです

 脳は30代後半から40代前半といわれ、その後は何もしないでいると老化の進行が早まります。

 パズルやかんたんな計算問題などを1日10分程度、早くたくさん解くことで脳の老化予防になるという研究もあります。


 トムとジェリーのパズル絵本にはこれらの効果を満たす要素が詰まっています。


 家族や友だちといっしょに、トムとジェリーのパズル絵本に挑戦してみませんか!



 本の内容を紹介!


●映画といっしょに楽しめる! 「トムとジェリーをさがせ!-ようこそ!ぼくらのニューヨーク」

 映画「トムとジェリー」が公開されましたね。

 ニューヨークを舞台にトムとジェリーがドタバタおいかけっこを繰り広げる、実写とアニメがうまく連動した楽しい作品でした。

 「さがせ!」では、同じニューヨークの有名な場所を舞台に絵さがしが楽しめます。

 トムとジェリーや仲間たちをじっくり探してください。


●世界遺産とどんなところ? 「トムとジェリーのまちがいさがし-しゅっぱつ!世界遺産をめぐる旅」

 トムとジェリーが日本、イタリア、フランス、中国など世界11カ国の世界遺産をご案内!

 サグラダ・ファミリア、ベルサイユ宮殿、万里の長城、ピラミッドとスフィンクス、マチュ・ピチュ、一度は行ってみたい名所・旧蹟が盛りだくさん。

 各地の世界遺産にある50カ所のまちがいをさがしながら、トムとジェリーと仲間たちもさがしてみよう!




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square